WiMAXのメリット・デメリット

高速モバイル通信で今人気のWiMAXとLTE。

僕が愛用しているのはWiMAXなんですが、そんなWiMAXのメリット・デメリットについて考えてみたいと思います。

WiMAXのデメリットとは?

  • 屋内での電波が弱い傾向にある。
  • 都市部以外の地域では、まだまだ電波がなく使えない地域がある。

WiMAXの最大のデメリットは屋内での電波が外と較べて弱い事です。

ただしこれは最新機種に搭載されているWiMAXハイパワーという電波の受信感度が従来よりも2倍いい機能が補ってくれます。

 

自分が使いたいエリアが使用可能であれば問題ないのですが、地方の人にはやはり、ドコモのFOMAエリアが使えるLTEがいいように感じます。

都市部に住んでるけど、地方への出張が多く出張先でも使いたい人にもおすすめできません。

WiMAXのメリットは?

ここまでWiMAXのデメリットについて書きましたが、いいところも沢山あります。

  • 契約年数が、1年契約でも使える。
  • 帯域制限がなく、通信量を気にせず使える。
  • 月額料金が安い。
  • 通信速度が速くサクサク動く。

WiMAXの最大のメリットは帯域制限がない事だと思います。

LTEなどの他社モバイル通信は通信量に制限があり一定量を超えると、速度制限がかけられてしまい速度が遅くなってしまいます。

仕事で使う人やオンラインゲームなどをされる人はすぐに制限がかかってしまいます。

WiMAXはその帯域制限がないので、気にする事なく使う事ができます。

 

また契約年数も1年で使えるプロバイダも多く、今後WiMAX2+など新サービスがリリースされる事を考えると2年契約などの長期契約は避けたいところです。

月額料金も安く、通信速度もストレスないレベルで動いてくれるので快適です。

WiMAXはこんな人におすすめ

  • 通信量を気にせずに使いたい。
  • 月額料金は安い方がいい。
  • 契約期間はできるだけ1年契約がいい。

WiMAXエリア内であれば、WiMAXは一番おすすめの高速モバイル通信サービスです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ