WiMAXルーター Mobile Cube レビュー

WiMAXルーターMobile Cube。

これグッドデザイン賞を受賞の人気機種ですが、機能的な面での性能なんかをレビュー記事やブログの口コミや評判を色々みて調査してみました。

 

1、約69gで業界最軽量の軽さ

重さに関しては約69gと他社製品と比較しても最も軽かったです。
ちなみにURoad-Aeroが約74gで2番目に軽かったです。

 

2、バッテリーが最長10時間

バッテリーは10時間とかなり持ちがいいほうだと思います。
一番バッテリー持ちがいいのはURoad-Aeroの12時間でした。

 

3、約30秒で起動する

スタンバイからの起動速度が速いのが特徴で公式サイトでの表記では業界最短のようです。
実際に他機種すべてと比較していませんが、AtermWM3800Rは約60秒なので二分の一の速さで起動できます。

 

上記がMobile Cubeと他社比較で優れていると感じたポイントですね。

 

以下デメリットも掲載しておきます。

 

1、WiMAXハイパワー非対応

AtermWM3800RやURoad-Aeroは電波受信感度が通常よりもいいWiMAXハイパワー対応しているのに対してMOBILE CUBEは非対応。
屋内電波が弱いWiMAXにとって非対応はちょっとマイナス要因が大きいかなと思います。

 

2、クレードルがなく有線接続できない

MOBILE CUBEにはクレードルセットがなく有線LAN接続ができません。
自宅内で使うのに有線接続したい人にとっては使えない機種。
ちなみにAtermWM3800RやURoad-Aeroにはクレードルセットがあります。

 

3、スマホ給電機能がない

AtermWM3800Rが唯一搭載しているスマホへの給電機能。
外出先でスマホを充電できる機能ってかなり重宝するので搭載していないのは残念です。

 

以上Mobile Cubeのメリット・デメリットについて書いてみました。

 

個人的にはスマホ給電機能とWiMAXハイパワー対応は必要な機能だと思うので、MOBILE CUBEはあえて選ばないかと思います。

バッテリー、軽さ、起動時間のどれも他社とそれほど大きく違わないので、プラスアルファの機能のあるAtermWM3800Rの方が優れているのではと思います。

 

WiMAXルーター選びの参考になれば幸いです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ